次長課長・井上の母校 岡山学芸館が逆転初切符!8&9回で6点

[ 2015年7月26日 06:07 ]

第97回全国高校野球選手権岡山大会決勝 岡山学芸館6-5創志学園

(7月25日 倉敷マスカットスタジアム)
 岡山学芸館が逆転劇で、初の夏切符を手にした。2点を追う9回、3連打で無死満塁とし、4番・喜納智志が走者一掃の三塁打。「前の3人がつないでくれたチャンスだったので、絶対に決めてやろうと打席に入った」と振り返った。

 沖縄から双子の兄・武志と同校野球部の門を叩いた。2年春から4番を務める弟は「チームの足を引っ張ったのに、監督はずっと4番から外さずに使ってくれた。応えたかった」と笑顔。一方、出場機会のなかった背番号17の兄は「(弟が打って)うれしいけど、悔しい」とライバル心も。結束力を高め、甲子園に乗り込む。

 ◆岡山学芸館 吹奏楽も盛ん。OBに「次長課長」の井上聡。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月26日のニュース