京都フローラ3連勝 池山勝ち越し打、植村ハーラートップ10勝目

[ 2015年7月26日 05:30 ]

<京都フローラ・兵庫ディオーネ>6回途中1失点と粘りの投球を見せた京都フローラ・植村

日本女子プロ野球 京都フローラ3―1兵庫ディオーネ

(7月25日 伏見桃山)
 ヴィクトリアシリーズ後期は京都フローラが兵庫ディオーネを3―1で下し、3連勝を飾った。

 1点を追う3回に打線が機能。1死二塁から橋本の左中間への適時二塁打で追いつくと、さらに2死一、二塁から池山が右翼線へ勝ち越しの2点二塁打を放った。投げてはエースの植村が6回途中1失点と粘り、リーグ一番乗りで自身初となる10勝目。池山は「植村投手が暑い中で頑張っていたので、何とか助けたい一心でした」と汗を拭った。

 ▽第14戦 (伏見桃山)
兵庫ディオーネ
 001 000 0―1
 003 000 X―3
京都フローラ
 (兵)泉、宮原―寺部
 (京)植村、谷山、塩谷―中村

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月26日のニュース