浦和学院 準決勝敗退 ノーシード白岡 創部34年目で初の決勝進出

[ 2015年7月26日 12:17 ]

第97回全国高校野球選手権埼玉大会準決勝 白岡4―1浦和学院

(7月26日 県営大宮)
 第97回全国高校野球選手権埼玉大会の準決勝は県営大宮球場で行われ、白岡が3―1春の選抜出場の浦和学院に勝ち、創部34年目にして初の決勝進出を果たした。

 初回に先制した白岡は同点にされた直後の2回に勝ち越し、7回にも1点、9回にも左翼線適時二塁打が飛び出し試合を決めた。先発の背番号7を付けた谷中が緩急を巧みに使い、浦和打線を5安打に抑えた。

 浦和学院は谷中を打ちあぐね、7回の無死二塁など、再三の好機に得点が入らず、2年ぶり13回目の夏の甲子園出場はならなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月26日のニュース