鳥取城北 2年ぶり4度目切符!昨夏涙した4人全員が打点マーク

[ 2015年7月26日 05:30 ]

第97回全国高校野球選手権鳥取大会決勝 鳥取城北9-6鳥取西

(7月25日 コカ・コーラウエストスポーツパーク)
 最高気温35度を記録した猛暑の中、鳥取城北が両軍計25安打の乱打戦を制した。2年ぶり4度目出場の原動力となったのは、昨年、八頭に1―2で敗れた決勝戦でも先発出場していた4人の主力選手だ。3点を追う5回に主将で4番の布袋の2点適時打と西村の犠飛で同点。再び1点を追いかける6回には3番・藤原の適時打と暴投で逆転した。

 2回に適時打を放った榎を含めて、4人全員が打点をマーク。山本博之監督は「リードされても、そういう雰囲気はなかった。4人の成長が大きい」と目を細めた。布袋主将は「城北らしい全体プレーで、初の2回戦突破を目指したい」と甲子園での抱負を語った。

 ◆鳥取城北 1963年創立。OBに大相撲の照ノ富士、逸ノ城。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月26日のニュース