ロッカーから出られず…救援失敗の西武・高橋朋「今は怖い」

[ 2015年7月26日 10:20 ]

<西・日>9回1死一、二塁、石川慎に同点二塁打を打たれた高橋朋はガックリ

パ・リーグ 西武4-6日本ハム

(7月25日 西武D)
 西武抑えの高橋朋が1点リードの9回に石川慎、レアードに連続適時打を浴びるなど3失点。これで今月は登板6試合で計8失点するなど2敗を喫している。

 試合後はしばらくロッカーから出られなかった左腕は「あれだけ投げることが楽しみだったのに今は怖い」と声を絞り出した。逆転負けで今季ワーストの5連敗となった田辺監督は「(マウンドで)あまりにもガッカリしていた。最後までしっかり放れということ」と苦言。今後も救援失敗が続けば配置転換の可能性も出てくる。

 ▼西武・外崎(プロ初スタメンで、2回2死から左翼ポール際にビデオ判定を経てのプロ初本塁打)青森から両親も見に来ていたので打ててよかった。記念球も渡したい。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2015年7月26日のニュース