坂本 初回V弾「初球から思い切っていけました」

[ 2015年7月26日 05:30 ]

<広・巨>初回1死二塁、左越えに先制2ランを放つ巨人・坂本

セ・リーグ 巨人3-2広島

(7月25日 マツダ)
 巨人・坂本が後半戦初アーチで高木勇を援護した。初回1死二塁、福井の抜けたフォークを左越えに8号2ラン。

 「いい流れをつくってくれたので初球から思い切っていけました。しっかりと捉えられた」。片岡がプロ通算200犠打となる投前送りバントで好機を演出したとあり「ヤス(片岡)さんの200犠打に花を添えることができてよかったです」と喜んだ。

 ▽片岡(巨人)通算200犠打 25日の広島16回戦(マツダ)の初回に達成。プロ野球37人目。初犠打は西武時代の05年4月30日の楽天戦。

 ▼巨人片岡(初回にプロ野球史上37人目となる通算200犠打)チームに貢献できている数字なのでうれしい。これからも与えられた仕事をしていきたい。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月26日のニュース