オリ 延長11回に4点奪い競り勝ち、ソフトB5連勝でストップ

[ 2015年7月26日 17:00 ]

<ソ・オ>オリックス先発の近藤

パ・リーグ オリックス5―1ソフトバンク

(7月26日 ヤフオクD)
 オリックスが延長11回に集中打で4点を奪い、投手戦を制した。

 3回に中島の右前適時打で1点先制。完封勝ち目前の9回に同点に追いつかれたが、11回1死一塁からに中村が遊撃と左翼の間にポトリと落ちる二塁打を放つと一走の小島が一気に生還し勝ち越し。さらに駿太、岩崎の連続適時二塁打も飛び出し、リードを4点に広げた。

 投げては近藤が7回途中まで無安打投球。7回1死の場面で内川に中越え三塁打を浴び無安打無得点試合達成は逃したものの、7回1安打無失点と好投した。

 ソフトバンクは11回から登板した森福が1死しか取れず4失点と誤算。連勝が5でストップした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月26日のニュース