林家木久扇 なぞかけ始球式「秋山選手とかけまして…」

[ 2015年7月26日 10:00 ]

<西・日>始球式を務めたのは黄色の着物がトレードマークの林家木久扇

パ・リーグ 西武4-6日本ハム

(7月25日 西武D)
 この日は「イエローシリーズ」と題し、西武の選手は黄色のユニホームを着用。当日入場券を持った来場者(一部を除く)にも記念ユニホームが配られた。

 始球式を務めたのは黄色の着物がトレードマークの林家木久扇で「秋山選手とかけまして、肉屋さんと解く。その心はミートが得意です」となぞかけを披露し歓声を浴びたが、投球は本塁のかなり手前でバウンド。何とかゴロで捕手役の永江まで達し「方向は間違ってなかった。77歳にしては見事だと思う」と笑顔で話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月26日のニュース