日本新薬 守り勝った!JX―ENEOSの100勝阻止

[ 2015年7月26日 05:30 ]

<日本新薬・JX-ENEOS>3回2死三塁、日本新薬・福田は先制適時打を放ちガッツポーズ

第86回都市対抗野球第8日・2回戦 日本新薬1―0JX―ENEOS

(7月25日 東京D)
 2回1死一、二塁で右前へ抜けそうな強烈なゴロを日本新薬の二塁・吉野がダイビングキャッチ。「ウチは守りから入るチーム。練習から試合を想定して一球の重みを感じながらやっています」と胸を張った。

 練習では連日、練習着が泥だらけになり、試合前のノックに飛び込む選手も多く岩崎良知監督は「ウチのノックは有名ですから」と笑った。泥くさい野球を掲げて優勝候補のJX―ENEOSに快勝。「仕事として野球をやっているのだから全力で」と指揮官は胸を張った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月26日のニュース