球児 9回ピシャリ 制球難の守護神はトレード放出の可能性も

[ 2013年3月11日 06:00 ]

<カブス・インディアンス>9回の1イニングを3者凡退に抑え、ベンチでナインとタッチを交わすカブス・藤川

オープン戦 カブス2―9インディアンス

(3月9日 メサ)
 カブスの藤川が1イニングを3者凡退に封じ、紅白戦を含む実戦で5試合連続無失点とした。

 7点ビハインドながら、初めて9回のマウンドに上がった。手元で伸びる「火の玉ストレート」で2三振を奪い「直球は大丈夫なので」と手応えを深めた。残る課題はフォーク。「精度がもう少し上がってくれば」とマリナーズ・岩隈にも質問しながら微調整に努めている。この日は地元紙「シカゴ・サンタイムズ」(電子版)が、制球難の守護神マーマルの代理人に対し、球団が今季中にトレードで放出する可能性を既に伝えたと報道。9回の登板について藤川は「オープン戦だし全く関係ないと思いますけど」と話したが、ストッパー奪取への準備は進んでいる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月11日のニュース