1位決定戦へ 先発予定の大隣ら侍ジャパンが自主練習

[ 2013年3月11日 19:33 ]

1位決定戦を控え、練習中に東尾コーチ(右)と笑顔で話す大隣

 野球の第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で準決勝進出を決めた日本は12日、東京ドームで2次ラウンド1組の1位決定戦に臨む。試合開始は午後7時の予定で、対戦相手はオランダに決まった。

 日本は11日、東京ドームで自主練習を行い、1位決定戦に先発予定の大隣(ソフトバンク)をはじめ、田中(楽天)、主将の阿部(巨人)、井端(中日)ら18選手が調整した。

 準決勝からは米サンフランシスコで行われ、日本は12日の試合後にチャーター機で渡米する。準決勝は1位通過なら17日(日本時間18日)、2位通過なら18日(同19日)となる。決勝は19日(同20日)に実施される。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月11日のニュース