侍打線の爆発は無手勝流「選手の能力で崩せると思った」

[ 2013年3月11日 06:00 ]

WBC2次ラウンド1組 日本16―4オランダ(7回規定によりコールド)

(3月10日 東京D)
 侍打線の爆発は無手勝流だった。

 オランダ投手陣について橋上戦略コーチは「持ち球もマークするほどの球はなかったし、普通に直球だけ待てば変化球にも対応できる。選手の能力で崩せると思ったので、細かい指示は出さなかった」と説明。強いて挙げれば、注意するのは先発・コルデマンスのチェンジアップはブレーキが利いている点くらいで、センター方向へ強い打球を打つことを徹底した結果が6発16得点につながった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月11日のニュース