リベラの凄さ!通算防御率2・21は1000試合以上で最高

[ 2013年3月11日 06:00 ]

引退会見を終え、家族でポーズをとるヤンキース・リベラ

 ヤンキース・リベラは抑えとして起用がスタートした96年以降、メジャー随一の切れ味を誇るカットボールを武器に、驚異的な安定感を誇った。

 通算防御率2・21は1000試合以上登板した投手で最高の数字。ポストシーズン通算42セーブも歴代最多で、5度の世界一に貢献した。99年、ブレーブスに4戦全勝したワールドシリーズでは3試合、4回2/3を投げ1勝2セーブ、防御率0・00とフル回転しMVPに輝いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月11日のニュース