松田 無心2ラン&内川 確信3ラン ソフトBコンビで主導権

[ 2013年3月11日 06:00 ]

<オランダ・日本>2回1死一塁、松田は左越えに2ランを放ちガッツポーズ

WBC2次ラウンド1組 日本16―4オランダ(7回規定によりコールド)

(3月10日 東京D)
 ソフトバンク・コンビが試合を早々に決めた。

 2回だ。まずは1死一塁で、2試合ぶりにスタメンに戻った松田が初球を左翼席へ特大の2ラン。「直球をしっかり打てた。代表のユニホームで初めてのホームラン。今でも感触は覚えています」と声を弾ませた。さらに1死一、二塁から内川はバックスクリーンへ3ランをぶち込む。「鳥谷とマツ(松田)が打って、僕がもう1本打てば大きな流れが来ると思った。打った瞬間に入ったと思ったけど“意外とギリギリだな”とベンチで冷やかされました」。この回一挙5点。オランダの戦意を喪失させた。

 湿り気味だった打線の中でも好調を持続していた2人。松田が「いい流れで来ていると思う」と言えば、出場4試合全てで安打を放った内川も「まだアメリカに行くと決まっただけ。日本で残っている試合でいい戦いをしてアメリカに行きたい」と気を引き締めていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月11日のニュース