4、5番ともに4安打!カナダ 打の主軸で大勝

[ 2013年3月11日 06:00 ]

WBC1次ラウンドD組 カナダ10―3メキシコ

(3月9日 フェニックス)
 カナダは打の主軸の活躍で大勝を収めた。

 4番モーノー、5番サウンダースが、それぞれ4安打3打点の活躍。初回の先制打を含む3本の適時打を放ったモーノーは、これで2試合通算で打率.714。勝てば2次ラウンド進出が決まる10日(日本時間11日)の米国戦に向け「きょうの試合はもう終わった。また希望を持ってあすの試合を戦いたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月11日のニュース