M・カブレラ&サンドバル連発!ベネズエラ 打線爆発も遅すぎた

[ 2013年3月11日 09:42 ]

WBC1次ラウンドC組 ベネズエラ11―6スペイン

(3月10日)
 初の1次ラウンド敗退が決まったベネズエラがスペインを下して何とか1勝を挙げた。

 自慢の打線がようやく爆発した。3点を追う4回に7安打で6点を奪い逆転。8回には昨季のア・リーグ三冠王、タイガースのM・カブレラと、ジャイアンツでワールドシリーズ最優秀選手になったサンドバルが連続本塁打を放った。

 ただ大勝にも選手は落胆を隠せずC・ゴンザレスは「全てにおいてまったく機能しなかった」と話した。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月11日のニュース