坂本 満塁弾締め!侍“サイクル本塁打”ド派手に決めた

[ 2013年3月11日 06:00 ]

<オランダ・日本>7回1死満塁、左越えに満塁弾を放った坂本は笑顔のハイタッチ

WBC2次ラウンド1組 日本16―4オランダ(7回規定によりコールド)

(3月10日 東京D)
 フィナーレは最もド派手だった。大会記録に並ぶ6本塁打の乱れ打ちを締めたのは若侍・坂本(巨人)。4点を返された直後の7回1死満塁、真ん中高め138キロを豪快に左翼席中段へ叩き込んだ。2本のソロ、1本の2ラン、2本の3ランが出て、最後に日本選手としてはWBC初のグランドスラム。チームで「サイクル本塁打」を達成し、コールド勝ちを決めた。

 「打った瞬間、いったなと思ったので気持ち良かったです。まずはみんなの目標のアメリカに行けるので。このまま状態が上がっていければ」

 打線の軸として当初の構想では3番に期待されていたが、結果を残せない日々が続いた。2日のブラジル戦(ヤフオクドーム)の第3打席から、8日の台湾戦(東京ドーム)の第1打席まで13打席連続無安打。その試合から打順は6番に下がった。「どこか少しずれている、とずっと思っていた」。前日の全体練習は疲労を考慮され首脳陣と相談した結果、休んだ。「家に帰り、ゆっくりしていました」。都内の自宅で心を落ち着かせ、原点と見つめ合った。

 主役を張る、と自らに言い聞かせ臨んだ大会。「僕ら若い世代がジャパンのユニホームを着て、引っ張らないといけない」。代表の背番号は所属球団で同じ場合は年長者を優先させるが、井端から「主役は坂本だから」と異例の形で6番を禅譲された。当初はサポート役として期待されたその井端が、2次ラウンドでは主役になっていた。マウンドでは同じ88年会の前田健が鬼気迫る表情で腕を振っていた。「さすがだな。さすがの一言に尽きる」。これ以上の後れは取れなかった。

 08年の巨人での初アーチも、世界舞台の初アーチも東京ドームでの満塁弾となった。「もう1試合こっちでできるし、気を引き締めて上げていかないと」。浮かれたところなどみじんもない。3連覇はすぐそこ。自分のバットで貢献することしか頭にない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月11日のニュース