カナダは1勝2敗想定も…米国勝利で得失点率は関係なし

[ 2013年3月11日 06:00 ]

WBC1次ラウンドD組 カナダ10―3メキシコ

(3月10日 フェニックス)
 カナダが想定したのは、同日ナイターで米国がイタリアに敗れた場合。カナダは10日(日本時間11日)米国戦で勝てば文句なしの2次ラウンド進出だが、敗れても1勝2敗で米国、メキシコと3チームで並び、順位決定方法(2)の得失点率争いとなる。

 メキシコ戦のスコアが10―3なら、米国戦は4点差までの敗戦ならOK。メキシコ戦でさらに点差をつければ、米国戦の安全圏がより広がっていた。実際は米国がイタリアに勝ったため、得失点率は無関係になった。なお、カナダが最終戦に勝てば2位、負ければ3位となる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月11日のニュース