ヤクドラ1石山 4回に乱れる 小川監督「体力不足の部分もある」

[ 2013年3月11日 06:00 ]

<楽・ヤ>4回のピンチにナインから声をかけられるヤクルト・石山(左から2人目)

オープン戦 ヤクルト2―4楽天

(3月10日 倉敷)
 5回4失点のヤクルトのドラフト1位・石山は4回を悔やんだ。

 3回までは制球が安定していたが、4回は3四球などで4失点。「バランスが崩れていた。四球をなくして打ち取っていかないと」と反省した。直球が高めに浮いて打たれはしたが「球威で押せていた部分はあった」と収穫も口にし、次回に向けて「無駄な四球をなくして制球の精度を上げていきたい」と課題を挙げた。小川監督は「体力不足の部分もある」と指摘した。

 ▼ヤクルト・畠山(7日に第1子となる長男が誕生。2回に2点適時打)子供の写真を、生まれてすぐ携帯電話の待ち受け画面にしたよ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月11日のニュース