大谷 21日楽天戦で二刀流テスト 栗山監督「うまくきている」

[ 2013年3月11日 18:33 ]

 日本ハムの栗山英樹監督は11日、遠征先の松山市内で、ドラフト1位の大谷翔平投手(岩手・花巻東高)を、21日に東京ドームで行われる楽天とのオープン戦に投手と野手の両方で出場させることを明らかにした。実戦で「二刀流」をこなすのは初となる。

 栗山監督は「体(の調整)が思ったよりうまくきている。両方できるのをテストしないといけない」と説明した。大谷は14日に2軍の春季教育リーグの楽天戦(鎌ケ谷)に登板し、21日は短いイニングを投げて打席にも立つ見込み。

 野手としては既にオープン戦に出場しており、投手としては10日に2軍のヤクルト戦で実戦に初登板した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月11日のニュース