変化球にタイミング合わず…中島 4試合ぶりノーヒット

[ 2013年3月11日 10:33 ]

ダイヤモンドバックス戦の2回、無死満塁の好機に、遊ゴロ併殺打に倒れるアスレチックス・中島

オープン戦 アスレチックス7―5ダイヤモンドバックス

(3月10日 アリゾナ州フェニックス)
 アスレチックスの中島は10日、ダイヤモンドバックス戦に「7番・遊撃」で出場し、3打数無安打だった。内容は遊ゴロ併殺打、遊ゴロ、遊飛で8回の守りから退いた。

 中島は4試合ぶりの無安打に終わった。2回に無死満塁で打席が回ってきたが、遊ゴロ併殺打。その後も変化球にタイミングが合わず「どんな変化球か分からなかった」とこぼした。

 だが、試合後に1時間ほど筋力トレーニングなどをこなした後は気持ちも切り替わった様子。ロッカールームに戻ってくると、リラックスした表情で捕手のジェイソとWBCについて雑談していた。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月11日のニュース