内海 安定欠き不満「すみませんでした」

[ 2013年3月11日 06:00 ]

<オランダ・日本>6回2死満塁、バレンティンに走者一掃の適時二塁打を浴びた内海

WBC2次ラウンド1組 日本16―4オランダ(7回規定によりコールド)

(3月10日 東京D)
 内海(巨人)は6回から2番手で登板も、四死球などで2死満塁とされ、バレンティンには走者一掃の中越え二塁打を浴びて降板した。

 1次ラウンドの中国戦は打者5人を完璧に封じたが、一転して不満が残る内容。試合後は帽子を取って「すみませんでした」。ただ、敗戦した場合は11日の先発候補でもあっただけに、与田投手コーチは「気持ちのコントロールも難しかったと思う」と同情。東尾投手総合コーチも「ボール自体は心配ない」と評していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月11日のニュース