賢介「ショートよりは楽」 無難に初の三塁守備

[ 2013年3月11日 08:58 ]

ブルワーズ戦の4回、三塁線の打球に飛び付くジャイアンツ・田中

オープン戦 ジャイアンツ6―1ブルワーズ

(3月10日 アリゾナ州メリーベール)
 ジャイアンツの田中は10日、ブルワーズとのオープン戦に「2番・三塁」で出場し、5打数1安打。内容は三塁内野安打、遊飛、空振り三振、二ゴロ、空振り三振だった。

 田中はオープン戦12試合目で初めて三塁の守備に挑戦。高校時代にも「たぶんやってない」という不慣れなポジションだったが、青木のゴロをさばくなど無難にこなした。

 「ショートよりは楽。疲れなかった。何とかなるのかな」と田中。打撃では1回のバント安打で3試合ぶりのヒットを記録した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月11日のニュース