ソフトB五十嵐 153キロ出た!実戦は8戦連続無失点

[ 2013年3月11日 06:00 ]

<ソ・ロ>7回無死、今江の打球を好捕するソフトバンク・五十嵐

オープン戦 ソフトバンク3―11ロッテ

(3月10日 ヤフオクD)
 4年ぶりに国内復帰したソフトバンク・五十嵐が、7回から4番手で1イニングを無安打1四球で無失点。2死一塁で大松を今季最速の153キロで空振り三振に仕留めた。

 変化球が決まらない中で「困った時の逃げ道じゃないけど、自信を持っている」と直球で押す投球。日本ハム・大谷が152キロ、前日も阪神・藤浪が151キロを計測したが、ヤクルト時代の04年に当時日本最速タイの158キロを出した33歳右腕が貫禄勝ちした。実戦は8試合連続無失点で、守護神の座へ前進している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月11日のニュース