日本に縁…キューバ&オランダ監督が被災者へエール

[ 2013年3月11日 20:26 ]

オランダ―キューバ戦の試合前セレモニーで、旗手を務める福島市の小学生

WBC2次ラウンド1組敗者復活2回戦 オランダ―

(3月11日 東京ドーム)
 日本に縁のあるキューバ、オランダの両監督が東日本大震災の被災者へメッセージを送った。

 社会人野球のシダックスでプレー経験のあるキューバのメサ監督は「日本の国民は偉大で勤労意欲が高い。前進を続けてほしい」とエール。オランダを率いるミューレン監督はロッテ時代に住んでいた地域も地震の被害を受けたといい「2年前も今も心は彼らとともにある」と話した。

 試合前のセレモニーでは福島市の小学生7人が両国国旗などの旗手を務め、黙とうもささげられた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月11日のニュース