×

渡辺王将 藤井竜王は「非常に勢いがある厳しい相手」

[ 2022年1月9日 05:30 ]

第71期ALSOK杯王将戦7番勝負

対局者検分に向かう渡辺王将(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 渡辺明王将(37)=名人、棋王含め3冠=に藤井聡太竜王(19)=王位、叡王、棋聖含む4冠=が挑む将棋の第71期ALSOK杯王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)7番勝負は9日、静岡県掛川市の掛川城二の丸茶室で行われる第1局で開幕する。

 【渡辺王将に聞く】
 ――7番勝負の戦い方は。
 「藤井さんは非常に勢いがあって、昨年はタイトルも増やされた。当然ながら厳しい相手。藤井さんとのタイトル戦は昨年の棋聖戦以来だが、半年ほど空いた。その間に取り組んできたことを出せれば」

 ――過去2回の藤井竜王とのタイトル戦との違いは。
 「2日制で藤井さんと戦うのは初めてだが、それは全然自分のアドバンテージではない。どういうペース、流れで進むのかは明日やってみてなんとなく捉えて、2局目以降につながっていくような内容にしたい」

 ――藤井竜王のどんなところが手ごわいか。
 「昨年の棋聖戦はストレート負け。藤井さんはまだ10代で、これからも進化する。新しい技術も出てきている中で、若い人を迎え撃つのはなかなか大変。年長者として難しさは感じています」

 ――3冠対4冠の対戦となる今タイトルの位置付けは。
 「複数冠のタイトルを持ち合ったタイトル戦が初めてというのは、言われてから気付いた。そういった点で非常に注目度が高い。そういう期待に応える将棋を指さないといけないという責任感、緊張感はあります」

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月9日のニュース