×

「鎌倉殿の13人」長澤まさみ“ささやきナレ”「心地いい」「耳元でつぶやいてくれているよう」

[ 2022年1月9日 21:00 ]

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の語りを務める長澤まさみ
Photo By スポニチ

 俳優の小栗旬(39)が主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(日曜後8・00)は9日、15分拡大版でスタート。語りを担当する女優・長澤まさみ(34)の“ささやきナレーション”が披露された。

 <※以下、ネタバレ有>

 希代のヒットメーカー・三谷幸喜氏が脚本を手掛ける大河ドラマ61作目。主人公は鎌倉幕府2代執権・北条義時。鎌倉幕府初代将軍・源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男。野心とは無縁だった若者は、いかにして武士の頂点に上り詰めたのか。新都・鎌倉を舞台に、頼朝の13人の家臣団が激しいパワーゲームを繰り広げる。三谷氏は2004年「新選組!」、16年「真田丸」に続く6年ぶり3作目の大河脚本。小栗は8作目にして大河初主演に挑む。

 第1話は「大いなる小競り合い」。1175年、平清盛(松平健)が大権力者として君臨していた日本。伊豆の地では、北条義時(小栗)が兄・宗時(片岡愛之助)、姉・政子(小池栄子)らと、のんびり暮らしていた。しかし、流罪人・源頼朝(大泉洋)が義時の幼なじみ・八重(新垣結衣)と恋仲になり、男児を産んだことで状況は一変。清盛から頼朝の監視を任されていた八重の父・伊東祐親(浅野和之)は激怒する。頼朝が姿をくらます中、北条家にも捜索命令が下り…という展開。

 タイトルバック明け。「栄華を極める平家の世に、小さなほころびが生じようとしている。源氏の名の下に集う新しい力。歴史が、うねり始めている」――。

 義時と頼朝が馬に乗り、追手から逃げるラスト。「この国の成り立ちを根こそぎ変えてしまった未曾有の戦乱が目の前に迫っている」――。

 長澤が大河の語りを務めるのは初。ヒロイン・きり役を好演した「真田丸」以来、6年ぶりの大河参加となった。

 「ナレーションの仕事は好きで、いつか大河ドラマのナレーションもできたらいいなと憧れていました。1年を通して見届ける立場にいるので、うれしい反面、責任重大だと思っています。三谷幸喜さんからは『登場人物たちに寄り添い、隣の部屋からささやいているような距離感で』とイメージをお聞きしているので、その立ち位置を大事にしていきます」と意気込んでいた通りの“ささやきボイス”。

 SNS上には「ささやくような語りが心地いい」「耳元でつぶやいてくれているようで面白い」「長澤まさみさんのウィスパー系の語り、慣れたらゾクゾクしそう」「何回か聞けば慣れると思う。最初は新鮮だから戸惑うけれど、聞き慣れれば問題ない」「長澤まさみ嬢のナレ、あんなにウザいウザイと言われてた(真田丸の)きりちゃんと同じ人と思えないほど、落ち着いて、かつ重みのある良きナレであった」などの声が上がった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月9日のニュース