関ジャニ・大倉と広瀬アリスが交際半年 ドラマ「知ってるワイフ」で夫婦役、支え合い親密に

[ 2022年1月10日 03:00 ]

「関ジャニ∞」の大倉忠義と女優の広瀬アリス
Photo By スポニチ

 「関ジャニ∞」の大倉忠義(36)と女優の広瀬アリス(27)が交際していることが9日、分かった。昨年1月期のフジテレビドラマ「知ってるワイフ」で夫婦役を演じて親しくなり、半年ほど前から交際に発展した。ジャニーズきってのイケメンと、CMに引っ張りだこの美人女優。今年最初に浮上した大型カップルの今後の行方に目が離せない。

 爽やかなビッグカップルが誕生した。スポニチ本紙の取材では、2人の交際は半年ほど前にスタート。ドラマ「知ってるワイフ」の撮影を通して仲良くなり、放送終了後の夏ごろから恋人関係になった。ドラマ関係者は「親しい俳優仲間には交際を報告しており、周囲も温かく見守っている」と明かした。

 2人の共通点はお酒が好きなこと。大倉は自宅で1人酒を楽しむことも多く、広瀬も焼酎のお湯割りが大好き。2人をよく知る知人は「一緒にお酒や食事を楽しみながら会話する中で互いのことを深く知り、引かれ合ったようです。明るく快活な広瀬さんに対して、大倉さんは聞き上手。お似合いのカップルですね」と話している。

 ともにインドア派で、現在はコロナ禍のため一緒に外出することも控えており、主に家でデートを楽しんでいる。知人は「たまに出かける食事デートが2人のささやかな楽しみ。人目につかないように、ドライブを楽しむこともあるようですね」と明かした。

 交際のきっかけとなった「知ってるワイフ」は、韓国ドラマのリメーク。恐妻家の銀行員が、過去にタイムスリップして妻を入れ替えようとする恋愛ファンタジー。人生をやり直そうとしたものの、最後に選んだのは再会した最初の妻。運命的なストーリーで視聴者を涙させた。

 その撮影中に少しずつ距離を縮めた。コロナ下でさまざまな制限を強いられたが、ドラマ関係者は「日程的にハードでしたが、2人で“頑張ろう”と声を掛け合っていた」と振り返り、互いに支え合って乗り切った。ドラマのストーリーを地で行くように、2人も撮影後に再会して交際へと進んだ。

 大倉はグループでの活動や俳優業に加え、昨年11月にデビューした後輩グループ「なにわ男子」のプロデューサーとしても活躍中。一方、広瀬は昨年のCM起用社数が12社と好感度抜群の女優で、今月14日からは主演ドラマ「失恋めし」がAmazonプライムで配信される。

 仕事に恋に絶好調の2人。今後の行方に注目が集まる。

 ◇大倉 忠義(おおくら・ただよし)1985年(昭60)5月16日生まれ、大阪府出身の36歳。97年にジャニーズ事務所入所。2002年に関ジャニ∞のメンバーに選ばれCDデビュー。担当はドラム。俳優としての主演作にドラマ「Dr.DMAT」「はなちゃんのみそ汁」、映画「100回泣くこと」「窮鼠はチーズの夢を見る」など。1メートル78、血液型O。

 ◇広瀬 アリス(ひろせ・ありす)1994年(平6)12月11日生まれ、静岡県出身の27歳。2009年に「ミスセブンティーン」グランプリに選ばれモデル活動を開始。10年に女優デビュー。出演作にドラマ「ラジエーションハウス」シリーズ、「七人の秘書」、映画「氷菓」、「地獄の花園」など。妹は女優の広瀬すず(23)。1メートル65、血液型AB。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2022年1月9日のニュース