×

オリ・杉本 小学生からのライバルはあの大投手「高校生ぐらいまでは同じだったけど、段々離れていった」

[ 2022年1月9日 19:59 ]

オリックスの杉本裕太郎
Photo By スポニチ

 オリックスの杉本裕太郎外野手(30)が9日放送のテレビ大阪「あのライバルは今」に出演。同じく徳島出身で小学生時代からのライバルである、球界を代表するピッチャーについて語った。

 小学生時代を振り返って、杉本は「凄い自信があったというか、打ち過ぎて打つのが嫌になったり、塁に出るのが面倒くさいなと思うぐらいでした」と明かす。そんな自信に溢れていた小学6年時、徳島県大会の決勝戦で出会ったのが現ソフトバンクの森唯斗投手だった。「一本もヒットを打てなかったです。抑えられて負けたのが印象に残ってます」と回想。「高校生ぐらいまでは同じぐらいのライバルと思ってたんですけど、段々離れていったなという感じです」と正直な思いを口にした。

 森は13年のドラフトでソフトバンクから2位指名を受けてプロ入り。1年目から活躍し、球界を代表する守護神へと成長した。杉本は「2位で行くのは凄いことなんで、雲の上の存在になったなと思いました」と振り返る。森から遅れること2年、杉本も15年のドラフトでオリックスから10巡目で指名を受けてプロ入り。「10位だったんで、ドラフトが10位まであることも知りませんでしたし、もうほとんど諦めながら見ていたので、びっくりしたのと凄い嬉しいのと両方でしたね」と懐かしそうに語った。

 2人は17年9月30日にプロ初対戦。当時は杉本がタイムリーツーベースを放ち、昨季まで通算でも杉本が7打数3安打と攻略に成功している。杉本は「ちっちゃい時からライバルだと思っているので、これからも1年でも長く2人で活躍して、徳島で応援してくれている皆様を楽しませるようにしたいと思います」と笑み。さらに森にビデオメッセージで「前から試合終わりとかにご飯に行こうっていう話をしてたんですけど、僕がなかなか1軍におれずになかなか行けてないんで、コロナ禍が収まったら試合後でもご飯に行きましょう」と呼びかける。これに森も「食事して昔のこととか話せたらいいなと思います」と笑顔で答えた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月9日のニュース