松本人志「ヤフーさんはそこまでしてコメント欄を必要としているのかをAIに聞いたほうがいい」

[ 2021年10月24日 11:50 ]

松本人志
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(58)が24日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。インターネット上の誹謗(ひぼう)中傷について言及した。

 番組では、ヤフーがヤフーニュースのコメント欄への書き込みについて、誹謗中傷対策を強化すると発表したことを取り上げた。強化策として人工知能(AI)などを活用して人を傷つけるコメントを探し出し、投稿を繰り返す利用者に従来より強い表現で警告する。違反コメントが一定数に達すると、その記事のコメント欄全体を表示しなくする機能も新たに導入。違反投稿を繰り返す利用者には「コメントの投稿ができなくなる可能性がある」との警告を出す。悪質な違反者を投稿停止にする措置も厳格化する。

 松本は「僕もウソを書かれる。あいつは昔、こういうことを言ってたとか。AIはウソかどうは分かってくれない。そこが分からないAIに任せていても、完全には(悪質なコメントが)減らないだろうなと」と見解。「『AIのバカ』って言ったら、AIは消すと思うんですよ。『AIの出べそ』って言ったらAI自身が“出べそちゃうわ”って消すと思う。でも『松本出べそ』は、松本が本当は出べそなのかどうか、AIはわからないから消さないと思う。ヤフーさんはそこまでしてコメント欄を必要としているのかをAIに聞いたほうがいい」と続けた。

 また、「意外と的を得たことを書いている人もいっぱいいる。『あ、なるほどね!』とか、『なんか捨てたもんじゃないな』っていうコメントをする人もいっぱいいるんですけど、ほんと一部なのかな」と残念がった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年10月24日のニュース