庄司智春 10年以上乗っていた愛車と「泣く泣くお別れ」報告「もう丸焦げなんですよ…」

[ 2021年10月25日 01:35 ]

「品川庄司」の庄司智春
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「品川庄司」の庄司智春(45)が23日、自身のYouTubeチャンネルを更新し、10年以上乗っていた愛車の「ダッジ・チャレンジャー」と、“想像もしない形でのお別れ”をしたことを報告した。

 庄司は「数カ月前」のこととし、仕事帰りにガソリンスタンドに寄った時、ガソリンを入れてエンジンをかけようとしたが反応しなかったと説明。ガソリンスタンドの従業員とともにエンジンルームを調べたものの分からなかったため、JAF(日本自動車連盟)を呼ぶことにしたという。

 車に乗ってJAFを待っていたが、ボンネットから発煙。そのうちに車内に煙が充満し、「まずい」と思いトランクを開けたところ、バッテリーのある付近から発火。従業員とともに消火器で火を消し「本当にパニックになってしまいまして。店員さんの瞬時の対応、本当に頼もしくて本当に助かりました。自分の車なのに、どうしたらいいかわからなくて」と感謝した。念のため消防、警察にも連絡、「火災扱い」となったという。

 その後修理工場に愛車を持って行くが「手の施しようがない」と言われ、「お別れ」を提案された。庄司は「どうにか直して…と粘ったは粘ったんですけど、もう丸焦げなんですよ…。それで泣く泣くお別れすることになりました」と語り「結婚する前から乗っていた。大好きでめちゃめちゃかっこいいですし、これ以上ないんじゃないかと思うくらい…そういう形のお別れを想像もしていなかったので」と悲しい報告をした。

 今は、妻でタレントの藤本美貴(36)が前に乗っていたトヨタの「プリウスα」を使用してるという。ようやく、次の車を考えられるようになったようで、自身のYouTubeチャンネルでも報告できれば、と語っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年10月24日のニュース