×

ウエンツ瑛士「僕はまったく人を信用しない」 引っ越し先の住所をマネジャーに「次は教えないつもり」

[ 2021年10月24日 13:33 ]

ウエンツ瑛士
Photo By スポニチ

 タレントで俳優のウエンツ瑛士(36)が24日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。「僕はまったく人を信用しない」と言い切り、共演者を驚かせた。

 番組MCの東野幸治(54)からスタッフや周りの人に盗難された経験あるかと聞かれたウエンツは「僕はまったく人を信用しないので、盗まれることはまずないですね」とキッパリ。「まず、現場に来る時は財布の中身をすっからかんぐらいの気持ちで(来る)。現金じゃないカードは大丈夫だと思っているんですよ。カードも携帯に入ってますし、キャッシュは抜いてくるしか方法がない。無くなってたら、誰かを疑わないといけないわけですから」とその理由を明かした。

 東野は「何があったんですか?」、お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(58)も「子どもの時から仕事してるとそうなっていくんか」と驚きの声を上げた。

 ウエンツは「だって、おかしいなと思ってたんですよ。なんで皆さんが当たり前のようにカバンとか貴金属を置いたまま、部屋から出てくるんだろうと。だから、変わってるなと(思っていた)。信用とかじゃないですよ」と言い切った。

 引っ越し先の住所もマネジャーに「次は教えないつもり。大通りで待ちあわせです」とウエンツ。これには松本も「いやいやいや、いややわ」と困惑。お笑いコンビ「かまいたち」の山内健司(40)も「えーー!万が一の時、困りますやん。ウエンツさんと連絡つかないとかなったときに、マネジャーが起こしに家に来てくれるとか、住所わからなかったらそれもできない」と話すと、ウエンツは「万が一?いやいや、ないです。友だちも十分いるんで、起こしてくれる友たちもいますから。会社の人間は会社の人間なんで。大通りで出会い、大通りでさようなら」とその考えは揺るがず。

 そもそも「(マネジャーは)2、3年に1回変わりますし、何かあったら疑わないといけないので、疑いたくはないので。(疑うようなことは)ないです、だからずっと好きです、マネジャーが。(嫌いになる要素が)何もないのです」と主張するも、東野は「でも、マネジャーは嫌いだと思いますよ」とチクリ。松本も「嫌いでしょ。(小池)徹平もめっちゃ嫌いやと思う」と同意し、笑った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年10月24日のニュース