宮下草薙・宮下、超潔癖症が明らかに 彼女とキス前にうがい要求「自分以外から発生したものが全部イヤ」

[ 2021年10月22日 22:45 ]

「宮下草薙」の草薙航基(左)と宮下兼史鷹
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「宮下草薙」の草薙航基(30)が22日放送のフジテレビ「上田晋也VS人気芸人 トーク検定2時間SP」(金曜後8・00)に出演。相方・宮下兼史鷹(30)の私生活を暴露し、共演者から驚きの声が上がる場面があった。

 「密告!ヤバすぎる私生活」というテーマで、草薙は宮下の超が付くほどの潔癖症を暴露する。「スマホでエレベーターのボタンを押したり、テーブルが白くハゲるくらい拭いたりして。僕の部屋でネタ合わせするときも、トイレの度に自分の家に帰って。それはさすがに傷つくなって…」と、これはまだ序の口。「一番ヤバいなと思ったのが、彼女を自分の家に入れるとき、服を全部玄関で脱がすらしくて。お風呂で洗ってからじゃないと、部屋に入れない。すごくかわいそうだな」と話すと、共演者から驚きの声が上がっていた。

 草薙が「部屋も触っちゃダメらしくて、リモコンを触ったらウェットティッシュで拭いて、中の電池まで拭いてたんです」と続けると、宮下は「自分以外から発生したものが全部イヤなんです」とキッパリ。

 「彼女とキスする前にも、イソジンでうがいさせるらしくて」というタレコミには「付き合う前にそれは言います。昔は渋々やってたけど、最近は自分からやってくれるようになって。そういう行為をするときは、事前に何時か決めます。突然のキスとかはしたくないんで、『きょうは19時半にキスしようか』」と明かし、女性陣から大ヒンシュクを買っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年10月22日のニュース