V6・三宅健 「あまりの緊張でね」初の紅白では伍代夏子を前にまさかの失態 「お手紙をね」と謝罪

[ 2021年10月22日 18:03 ]

三宅健
Photo By スポニチ

 結成26年となる11月1日で解散することを発表しているV6が21日放送のNHK総合「SONGS」(木曜後10・30)に出演。三宅健(42)が紅白歌合戦初出場時におかした失態について語った。

 95年に結成したグループには、年齢差が最大9歳と年齢も経歴もバラバラのジャニーズJr.が集まった。グループ、個々としての活動の幅も広げ、20年目となった14年にはNHKの紅白歌合戦に初出場した。紅白では伍代夏子(59)のバックで踊りも披露したが、トークで三宅は「伍代さんの後ろで踊らされてる…踊らさせていただくって言うことで」と痛恨の言い間違い。「本当に緊張してますけども」と言い訳をする場面があった。

 「あれ、いろいろ謝ったりとか」と井ノ原快彦(45)に話を振られた三宅は「お手紙をね。伍代さんに出したんです」と明かした。言い間違いに加え、「映ってなかったんですけど、草履が脱げちゃって。前に伍代さんいらっしゃるから、本当はこう(胸にしまうことを)したかったんですけど、そんなことできる余裕もなく。クレーンで撮ってるとただ草履だけが寂しくぽつんと」と恥ずかしいアクシデントがあったことも告白。「それも込みでのごめんなさいだったんだ」と井ノ原が感心すると、「あまりの緊張でね」と三宅も苦笑した。

 

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年10月22日のニュース