藤井3冠 久々京都で「味の濃いラーメンいただきたい」22、23日竜王戦第2局

[ 2021年10月22日 05:30 ]

京都・仁和寺での竜王戦第2局の対局場検分に出席した豊島竜王(左から2人目)と藤井3冠(左から3人目)(日本将棋連盟提供)
Photo By 提供写真

 藤井聡太3冠(王位、叡王、棋聖)が豊島将之竜王(31)に挑む第34期竜王戦7番勝負第2局は、22日から京都市の仁和寺で指される。21日は同市内で前夜祭が行われ、両対局者が出席した。

 第1局は相掛かりを逆転勝ちしたが、「(豊島の)積極的な攻めに対応できないところがあった。その課題の修正に取り組んできた」。王位戦、叡王戦に続く豊島との最大19番勝負は現在8勝3敗。タイトル戦3連勝へ、好発進したが慢心はなく「序盤、中盤、終盤スキがない」をキャッチフレーズとする豊島に対抗する準備を整えてきた。一方で、「京都は久しぶり。味の濃いラーメンもいただきたい」と19歳らしい願望も口にした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年10月22日のニュース