ヒャダイン 小学校卒業アル「好きなタレント欄に」…憧れの女性芸人との初対面に大興奮

[ 2021年10月22日 10:37 ]

ヒャダインこと前山田健一
Photo By スポニチ

 音楽クリエーターのヒャダインこと前山田健一(41)が21日深夜放送のABCテレビ「やすとものいたって真剣です」(木曜後11・17)に出演。憧れの芸人との初共演を果たした。

 ヒャダインはJ-POPやアイドルソング、アニメソングなど、幅広いジャンルで数々のヒット曲を生み出している。一方、プライベートでは大阪出身らしく「吉本新喜劇の予定調和が好きでした。新喜劇を見て育った部分は大きいですね」と告白。さらに「小学校の卒業アルバムの好きなタレントの欄は島田珠代と書きました。30年前のオレ、見る目あった」とジョークをまじえながら告白した。

 さらに島田が好きな理由として「壁にバーンとか(股間に)チーンとか最高でしたね」とキッパリ。「パンクですよね、パンクロック。(30年前と)やってること変わらへんのに(面白い)」と絶賛した。

 ここでMCの漫才コンビ「海原やすよ・ともこ」の海原ともこ(49)が島田について「普段はめちゃくちゃ大人しくて、かわしい女の子」と明かすと、ヒャダインは「そうなんですか? (ギャップも)ロックンロールですね」と笑みを浮かべる。すると島田がサプライズで登場。「ヒャダイン、私のことが好きなの? (島田)一の介じゃないよね?」とハイテンションでたたみかけられた上、持ちネタの「チーン」も披露されて、ヒャダインは大喜びだった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年10月22日のニュース