石橋貴明 還暦の生配信に野猿登場! 再結成は?「ボーカルがもう1人いたんですけど…」

[ 2021年10月22日 21:35 ]

石橋貴明
Photo By スポニチ

 22日に60歳の誕生日を迎えたお笑いコンビ「とんねるず」の石橋貴明が同日、自身のYouTubeチャンネル「貴ちゃんねるず」で生配信企画「石橋貴明誕生祭SP赤でチャンチャン着させて!!」を開催した。

 生配信が始まる午後7時前の時点で5000人以上が視聴。番組のMCはお笑いコンビ「TIM」とカンニング竹山(50)が務めた。配信が始まると視聴者数はすぐに10000人を超えた。ゲストとしてお笑い芸人の長州小力(49)、お笑いタレントの大久保佳代子(50)、ものまね芸人のこにわ(39)、原口あきまさ(45)らが登場。そして石橋の還暦を祝って、1990年代後半に人気を博した音楽ユニット「野猿」のメンバーも駆けつけて2曲を披露。2曲目に歌った「叫び」は石橋も一緒に熱唱して視聴者を楽しませた。竹山から「10年以内に野猿の全員が揃ったりしないんですか?」という問いに、石橋は「ボーカルがもう1人いたんですけど…」ととぼけて答えをぼかした。

 生配信を見て、フリーアナウンサーの高橋真麻(40)もプレゼントを持って駆けつけ、「かもめも飛んだ」を歌唱して石橋へ歌のプレゼントをした。その後もお笑いコンビのカミナリや永野(47)が登場後、旧友の元プロ野球選手の定岡正二氏(64)と歌手の錦野旦(72)も祝福に駆け付けた。

 生配信の終盤には、港浩一共同テレビジョン代表取締役社長から贈られた還暦の赤いちゃんちゃんこを石橋が羽織る場面も。最後は錦野が「空に太陽がある限り」を2度歌って生配信を終えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年10月22日のニュース