不適切演出でテレ朝謝罪 視聴者質問を番組側で用意、コーナーは休止

[ 2021年10月22日 05:30 ]

東京・六本木のテレビ朝日社屋
Photo By スポニチ

 テレビ朝日は21日、平日昼の情報番組「大下容子ワイド!スクランブル」の視聴者からの質問に答えるコーナーで、番組側が用意した質問を使う不適切な演出があったと発表した。コーナーは休止し関係者を処分する。

 同局によると、不適切演出があったのは月~木曜の番組終了間際に約2分間放送するコーナー。社外スタッフの40代の男性チーフディレクターが、事前に準備した想定質問を今年3月以降、視聴者からの質問として放送に使っていたという。

 チーフディレクターは「視聴者が聞きたいこととニュアンスが同じであれば、自分が用意した質問でも問題ないと思った」と説明。架空の視聴者の年代、性別などの属性を作り上げて放送していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年10月22日のニュース