「おかえりモネ」菅波先生 謎スコア「19対5」ラスト3分だけでネット沸騰!#俺たちの菅波トレンド1位

[ 2021年10月22日 08:15 ]

連続テレビ小説「おかえりモネ」第115話。予定より約2時間早く気仙沼に着いた菅波(坂口健太郎)(C)NHK
Photo By 提供写真

 女優の清原果耶(19)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)は22日、第115話が放送された。

 <※以下、ネタバレ有>

 朝ドラ通算104作目。清原とタッグを組んだNHK「透明なゆりかご」などやテレビ東京「きのう何食べた?」などで知られる安達奈緒子氏が手掛けるオリジナル作品。朝ドラ脚本初挑戦となった。タイトルにある「モネ」は主人公・永浦百音(ももね)の愛称。1995年に宮城県気仙沼市に生まれ、森の町・登米(とめ)で青春を送るヒロイン・百音が気象予報士の資格を取得し、上京。積み重ねた経験や身につけた技術を生かし、故郷の役に立ちたいと奮闘する姿を描く。

 第115話は、2020年1月13日朝、百音(清原)が仕事に行こうとすると、龍己(藤竜也)が海から帰ってくる。耕治(内野聖陽)が銀行をやめ、カキの養殖に挑むことについて、祖父の思いを聞く。龍己は百音が共感するような考えを持っていた。その日の夕方、百音が亮(永瀬廉)と先日の嵐の時の天気の状況を検証していると“ある人”が現れ…という展開。

 気仙沼の「海のまち市民プラザ」に現れたのは菅波(坂口健太郎)だった。

 百音「え?あれ?あ、先生、こっち着くの(午後)7時頃って」

 菅波「早い方がいいかと思って」

 百音「あ~」

 亮「どうも」

 菅波「どうも」

 亮「ん?」

 百音「先生?」

 菅波「19対5か。圧倒的に分が悪いな」

 百音「ん?」

 菅波「あ、いや。すいません、失礼しました」

 亮「あ、モネ、時間」

 百音「あ、あ、そうだ。ごめんなさい、先生、あの、私、5時からお天気放送しなきゃいけないんです。えと、だから」

 菅波「ここで聴いてる」

 百音「あ、すいません。じゃあ、りょーちんもホント、ありがとね。みーちゃんのとこ、早く行ってあげて」

 亮「分かってる。ほら、モネも早く」

 百音「うん。じゃ、ごめんなさい、先生、また後で(とラジオブースへ)」

 亮「(菅波と2人になり)19対5って?」

 菅波「あぁ、いや」

 午後5時からのラジオがスタート。亮と菅波が手を振る中、百音は2人を意識しながら天気予報を伝えた。

 ラスト3分間の登場ながら、放送終了後(午前8時29分)には「#俺たちの菅波」がツイッターの国内トレンド1位と、またも大反響。SNS上には「19対5って何?」「安定の早く来すぎる菅波」「相変わらず約束の時間守らなすぎてフライングしてくる菅波先生に朝から爆笑してる」「菅波がどんな時であっても約束の2時間前に来る男であることが確実になったことも面白いし、2時間前行動がなければ二度とりょーちんに会うこともなかったのも面白いし、想像以上に幼馴染の存在を意識していたのも面白いけど、朝ドラ受けがなかったことだけが面白くない」「さすが、俺たちの菅波!2時間も早波で、りょーちんにモヤ波して、モネの職場見学してデレ波してる。最高だ。沼民の渇きを一気に潤してくれた。来週も任せたぞ!」などの声が相次いだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年10月22日のニュース