×

松本人志 収録前日から気が重くなる番組 一番嫌なのは…「本当に『ドナドナ』が流れてる」

[ 2021年10月16日 11:32 ]

ダウンタウンの松本人志
Photo By スポニチ

 「ダウンタウン」松本人志(58)が15日放送のフジテレビ「人志松本の酒のツマミになる話」(金曜後9・58)に出演。収録の前日に苦痛を感じる番組についてぶっちゃけた。

 曜日の好き嫌いについてトークが展開する中、松本は「番組で分けない?正直言うと、俺は」と収録番組が影響すると主張。「僕は『水曜日のダウンタウン』の前の日が一番楽。『ああ、水曜日のダウンタウンか』って(思って)。どっちかっていうと、ハッピーかな」と明かした。

 日本テレビ「ダウンタウンDX」については「めちゃくちゃ嫌。1本目と2本目のボリューム感とか、ゲストの感じとか見たら、めちゃくちゃ嫌」とキッパリ。さらに「『ワイドナショー』はめちゃくちゃ嫌」とぶっちゃけ。「めちゃくちゃ嫌だし、一番嫌なのは日曜日の朝かな。日曜日の朝、起きた時にネットニュース見るのがめちゃくちゃ嫌。『こんなふうに抜粋されてニュースになって、若干、俺、悪者になってるやん!』みたいのがめちゃくちゃ嫌。」と語り、続けて「だから、ギャラ上げてほしい」と訴えた。

 さらに「俺、一番嫌なのは年末の『笑ってはいけない』の(収録の)前の日」とも。「本当にもう、本当に嫌。めちゃくちゃしんどいやん。前のり(前日入り)したりするけど、全員エグいで。早朝バスに乗って、最初のロケ地に向かう間、10~15分あるんやけど、一言もしゃべらへんよ、みんな。本当に『ドナドナ』が流れてる…」と明かした。

 この「酒のツマミ―」については「前の日はまあ、そんなに嫌ではない」といい、「ここ(進行が)フットボール(アワー)の時はちょっとだけ嫌」とジョークを飛ばし、スタジオを笑わせた。

 大みそか恒例の同局「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!絶対に笑ってはいけないシリーズ」については、日本テレビが先月20日に、15年の節目を迎える今年は休止すると発表。今年は「絶対笑って年越したい!笑う大晦日」(仮)を新しく立ち上げ、生放送で年越しするとしている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年10月16日のニュース