芦田愛菜 鈴木福と3年ぶりの再会に緊張 まさかの言い間違えに「恥ずかしい…」

[ 2021年10月16日 21:06 ]

鈴木福(右)と芦田愛菜
Photo By スポニチ

 女優の芦田愛菜(17)が16日、MCを務めるテレビ朝日系「サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん2時間スペシャル」(後6・56)に出演。俳優の鈴木福(17)と、3年ぶりに再会し、緊張のあまり?普段は見られない言い間違えをし「恥ずかしい…」と赤面。鈴木から「頑張れ」と声を掛けられる場面があった。

 11年の大ヒットドラマ「マルモのおきて」(フジテレビ)で共演した2人。鈴木は前回会ったのは「本当に3年ぶりくらいですね。その時はマルマルモリモリを歌って踊った。そのときまだ声変わりしきっていなかったので、声変わりしてから会うのは初めてです」と語り、芦田も「びっくりしちゃって。本当にすごい久しぶりです。声が低くなってびっくりしました」と語った。

 大人っぽくなったお互いに緊張したのか、「サンドウィッチマン」の2人から「話しなよ」と言われるも敬語で「久しぶり」「何しゃべりますか?」などぎこちない様子に“敬語禁禁止令”も出るほど。

 かつて「マルモのおきて」で共演していた時にについて鈴木は「愛菜ちゃんはめちゃくちゃおてんば娘で、撮影中によく転んでいたんです。でも、今と変わらないところは、本がすごく好きだったところ」と語り「僕が仮面ライダー好きって言っていた時に人体模型で遊んでいた」などというエピソードも。芦田も「確かに私、スタジオを走ってよく転んで、福くんに“愛菜ちゃん走らないで!”と注意されていました」と明かした。

 また、鈴木が引っ越しの時に、当時芦田からもらった手紙が出てきたエピソードを話すと、芦田はいつもとは勝手が違うのか、エンゼルス・大谷のことを思わず「大谷選手翔平の」と言ってしまい「恥ずかしい…」と赤面。「そんな間違い、今までしたことなかったよ」というサンドウィッチマンの言葉に話せなくなってしまうと、鈴木が「頑張れ」と声を掛ける場面もあった。

 この日、鈴木は「野球分析博士ちゃん」としてエンゼルス・大谷翔平選手の本当の“ヤバさ”スゴさを伝えるために登場したものの、博識で知られる芦田も野球に関しては詳しくなく、プレーヤーの数は「11人」盗塁は「一塁から三塁に走ること?」などと語り、鈴木の熱い説明にも「途中からついていけない!」と明かしていた。それでも、グローブの使い方を指導され、劇的に投げ方が上達。「きょうは久しぶりに福くんに会えて、最初はちょっと緊張もしていましたけど、すごく野球に詳しくてびっくりしたし、すごいなと思ったし…そして、もっと早く投げ方を教えて欲しかった」と感謝していた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年10月16日のニュース