新井千鶴さんが涙 憧れの小栗旬と初対面は金メダル獲得よりうれしかった? 「言いにくいですけど…」

[ 2021年10月16日 21:03 ]

新井千鶴
Photo By スポニチ

 柔道女子70キロ級で東京五輪金メダリストの新井千鶴さん(27=三井住友海上)が16日放送のTBS「炎の体育会TV」(後6・51)に出演し、大ファンという俳優・小栗旬(38)と初対面した。

 10月10日に現役を引退した新井さんのために番組が祝福ドッキリを敢行。それは、現役時代に力をもらい、憧れの人という小栗と初対面。仕掛け人として登場した小栗は「うれしいです」と笑顔。新井さんの東京五輪での活躍に「長い間戦っていた準決勝は、やっぱりすごい試合でしたね」と16分41秒の熱戦が印象的だったと語った。

 新井さんは同局の山本里菜アナウンサー(27)からのインタビューで「花より男子を見てから好きになって。いろんな役に染まって、演技できるところも好きです」と小栗を好きになったキッカケを語った。また一番好きな作品は「難しいですね」と一瞬考えたが「岳っていう映画が好きです」と明かした。これにモニタリングしていた小栗は「渋いなぁ~」と驚いていた。

 そして、番宣撮影でついに小栗と初対面。真後ろから登場した小栗に「えぇ、すごい」と信じられないといった表情の新井さん。“生小栗”に「感動する。すごい。ビックリした」と涙を流して喜んだ。「金メダルを獲った時」とどっちがうれしいかと問われると「ちょっと…何とも言えないです。言いにくくないですか?」と明言は避けたが、「言いにくいですけど、すごくうれしいです」。小栗を直視できず「足元見てます」と明かして笑いを誘っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年10月16日のニュース