林マオ&竹内由恵アナ 同期なのに大きすぎる記憶の差…今田耕司ツッコミ「どっちもどっちですわ」

[ 2021年10月16日 12:25 ]

読売テレビの林マオアナウンサー
Photo By スポニチ

 読売テレビの林マオアナウンサー(36)が、16日放送の同局「今田耕司のネタバレMTG」(土曜前11・55)に出演し、ゲストのフリーアナウンサー竹内由恵アナ(35)との思い出を語った。

 林アナは同局に、竹内アナはテレビ朝日に、それぞれ08年に入局した同期。MCの今田耕司(55)から「同期なんでしょ?」と問われると、林アナが「そうなんですよ!同期で」と前のめり気味に答えたのとは対照的に、竹内アナは「知らなかった…。今、初めて知りました」とぶっちゃけ、驚かせた。

 林アナは、竹内アナのことを鮮明に覚えていた。「フジテレビのインターンシップ的なものに一緒に参加してて、同じクラスで一緒に授業を受けて、一緒にお昼ご飯も食べて…そうですよ!」。ところが、竹内アナは「うそ~!」とまったく記憶にない様子だった。

 林アナはさらに「その中にすっぴんで来て下さいという授業もあって、由恵ちゃんが一番(きれいだった)」と付け加えた。竹内アナは「化粧で(印象が)変わっているかもしれないから。自分の素を出して下さいみたいなものがあったんですけど…」と、すっぴん授業については記憶していたものの、お互いが同じ場にいたことは覚えていなかった。

 あまりに大きすぎる記憶のギャップに、2人は顔を見合わせ、両手をほおに当てて「えー!」と声をそろえた。その様子を見た今田は「今の話を聞くと、どっちもどっちですわ。覚えてないのも悪いし、覚えてるのも覚えすぎ」とツッコミを入れていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年10月16日のニュース