「おかえりモネ」橋を渡った百音の“一歩”&涙にネットもらい泣き 菅波先生プロポーズ直後に後押し

[ 2021年9月21日 08:15 ]

連続テレビ小説「おかえりモネ」第92話。気仙沼の実家に戻った百音(清原果耶)は「橋を、渡ってきた」と涙(C)NHK
Photo By 提供写真

 女優の清原果耶(19)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)は21日、第92話が放送された。

 <※以下、ネタバレ有>

 朝ドラ通算104作目。清原とタッグを組んだNHK「透明なゆりかご」やテレビ東京「きのう何食べた?」などで知られる安達奈緒子氏が手掛けるオリジナル作品。朝ドラ脚本初挑戦となった。タイトルにある「モネ」は主人公・永浦百音(ももね)の愛称。1995年に宮城県気仙沼市に生まれ、森の町・登米(とめ)で青春を送るヒロイン・百音が気象予報士の資格を取得し、上京。積み重ねた経験や身につけた技術を生かし、故郷の役に立ちたいと奮闘する姿を描く。

 第92話は、家族に電話がつながらず、焦る百音(清原)。すると、菅波は「自分で見て、できることをすればいい」とアドバイス。百音は気仙沼に向かうことを決意、朝岡(西島秀俊)に事情を話し、実家を目指す。同じ頃、気仙沼。亮(永瀬廉)や三生(前田航基)ら大勢の人が突風の被害を受けた永浦家の片づけを手伝っていた。作業には活気があり、まるでお祭りのように楽しそう。駆けつけた百音は、その様子を目にして…という展開。

 プロポーズ直後、明日美(恒松祐里)から電話があり、百音は実家のカキ棚が突風被害を受けたことを知る。焦る百音に、菅波は「落ち着いて。どうして自分で行かないの?心配なら行って、自分で見て確かめて。あなたにもできることをすればいい。朝岡さんと高村さんに事情を話すのに30分かかったとして、一関までの新幹線の8時台の最終には余裕で間に合う。そこからタクシーは相当な出費だけど、今日中には島には着きますよ。また言うの?『何もできなかった』って。もう、そんなに無力じゃないでしょ。『あの時(島に)いなかった』って思いに押しつぶされてきたのは誰ですか?」――。

 「一緒に行こうか?」という菅波に、百音は「1人で行きたい。ありがとう」と決意。橋を渡り、夜、島に着いた。

 永浦家には島の皆が集まり、回収したカキを出荷したり、むき身にしたり、一丸の片づけ。未知(蒔田彩珠)は「カキ棚、ひどいことになってんのにね。何か、お祭りの準備しているみたい」。亮も「だなぁ。でも、ここの人のこういうとこ、オレ好きだよ」。その様子を物陰から見ていた百音は震災のことを思い出し、涙があふれる。「何のためにここまで来たの」と一歩踏み出し、歩みを進め、皆の前に出る。耕治(内野聖陽)が「モネ?どうしたこんな時間に。今、来たのか。どうやって。あ、タクシーで来たのか」と迎えると、涙をぬぐい「橋を、渡ってきた」――。

 菅波は、新人時代に診察を担当した元ホルン奏者・宮田(石井正則)と再会。SNS上には「菅波先生とモネの救いの週だね」「わざわざプロポーズしに東京に来てくれてるのに快く送り出して、一番いい案を瞬時に提案して、一緒にいくことを断られてもそっかって受け入れてあげられる菅波先生大人の男の極みなのか?結婚するならこの人しかいないよね、モネちゃん?」「もらい泣き」「朝から涙腺崩壊」「橋を渡ってきた。あの時どうしても越えられなかったとこを越えて。何もできなかったてって言わないために、色んな感情抱えて一歩踏み出したモネ。号泣」「菅波先生とモネ、宮田さんと菅波先生、島のみんなとモネ。3回泣いた」「モネが心配するほど、家族は、島のみんなは弱くないし、ずっとずっと強いんだよな」「清原果耶ちゃんの泣きのお芝居はホント凄い。もらっちゃう」「故郷から離れる勇気。故郷に帰る勇気。橋が架かってよかった」「島民の逞しさにモネは、そんなに心配しなくていいんだよと言われた気持ちになったんじゃないかな。ずっと自分を責めてきたモネに、その光景はどれだけ優しく語りかけたんだろ。昔ならその場を引き返してたろうモネは皆に語りかける。『橋を渡ってきたよ』。モネはもう無力じゃない」などの声が相次ぎ、反響を呼んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年9月21日のニュース