岡村隆史 解散した「アジアン」馬場園にド直球アドバイス「もう、頑張るしかないよ!」

[ 2021年9月21日 10:45 ]

「ナインティナイン」の岡村隆史
Photo By スポニチ

 元漫才コンビ「アジアン」の馬場園梓(40)が20日深夜放送のABCテレビ「なるみ・岡村の過ぎるTV」(後11・17)に出演。6月にコンビ解散を発表した馬場園は、「この業界で生き残るために、どうやって人付き合いの幅を広げていけばいいか」と、MCのなるみ(49)と、お笑いコンビ「ナインティナイン」岡村隆史(51)の向かって直球の質問をぶつけた。

 「相談する人、間違えている。私なんか、東京のこと分からないし」と謙遜したなるみだったが、「最初はなんでも行かなあかん、顔を出して」と先輩などとの付き合い重視を助言。だが、一方の岡村は番組の打ち上げなどにも、あまり参加しないタイプで、馬場園と同じ「人見知り」でもあり、「そういうの苦手で行かなかったんですよね…。へびいちごの高橋が来ていたら、高橋とご飯行った方が楽しいやろな」と苦笑いで振り返るしかなかった。

 すると、馬場園からは「さきほど、メーク室であいさつに行ったら、今から川に飛び込むやつぐらい暗い顔してましたよ」と冗談まじりにツッコまれ、「それが普段の俺やから」と再び苦笑い。なるみから「天下取ったコツを」と言われても、「天下なんか取ってないですもん。運良かっただけで。その時、出会った人が心中するぞというてくれたから、その人に付いていけただけで」と本音もチラリ。最後は「もう、頑張るしかないよ」とド直球の助言を口にして、馬場園は大笑い。その上で岡村は「無理せんと、自分のやりたいことを見つけて頑張っていこう」と諭していた。

 「アジアン」は05年にABCお笑いグランプリ最優秀新人賞を受賞。M-1初の女性ファイナリストにもなり、第41回上方漫才大賞新人賞など賞レースでも数々の栄光を獲得してきたが、過去に「ブスいじり」に嫌気がさした隅田美保(45)が、19年前に一度解散を申し出るなど紆余曲折あった。解散、再結成、休業などを経て、隅田が自身の夢でもあった演劇界への転身を希望して、今回の解散に至った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年9月21日のニュース