ドランク鈴木拓 より遠くに飛ぶために…“1番頑張った仕事” 1カ月で体重70キロ→52キロに

[ 2021年9月21日 14:58 ]

「ドランクドラゴン」の鈴木拓
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ドランクドラゴン」の鈴木拓(45)が20日放送のMBSラジオ「アッパレやってまーす!」(月~木曜後10・00)に出演し、これまでで1番頑張った仕事を明かした。

 放送ではリスナーからの「今までの仕事でやりがいがあって1番頑張ったことって何ですか?」という質問を紹介。鈴木は人力飛行機の飛行距離などを競う日本テレビ系「鳥人間コンテスト」に出演した時だという。風の力で飛ぶ「滑走機部門」に出場し、より遠くに飛ぶために、1か月で体重を落としたと話した。

 「スタッフさんにこの体重にしてくれって言われて、その時70キロぐらいだったんですけど、52キロまで1か月で」と回顧。減量のために、トレーニングジム「ライザップ」や格闘技のジムに通い「もうあんなに頑張ることはないんじゃないかっていうぐらい」だったという。「体脂肪7パーセントでムキムキでしたね」と語っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年9月21日のニュース