金爆・樽美酒研二 バンドへの熱い思い吐露 「できるだけ長くこの4人でバカやっていたい」に激励の声

[ 2021年9月21日 10:19 ]

ゴールデンボンバーの樽美酒研二
Photo By スポニチ

 男性4人組エアバンド「ゴールデンボンバー」の樽美酒研二(40)が21日までに自身のインスタグラムを更新。生番組での“謝罪”を終え、バンドへの熱い思いをつづり、ファンから激励の声が寄せられている。

 8日に「文春オンライン」で“二股交際”が報じられ、その後謝罪したメンバーの鬼龍院翔(37)が19日夜、ニコニコ生放送「月刊ゴールデンボンバー」で生謝罪。冒頭、約1分にわたって深々と頭を下げた後、自ら考案した“罰ゲーム”を次々に敢行。体を張った異例の謝罪に思いを込めた。

 番組終了後、インスタグラムを更新した樽美酒はメンバー4人の写真を投稿。そのうえで「ただいま家に戻りました ほんの少しでもいい、できるだけ長くこの4人でバカやっていたいし、この4人以外では絶対やれないんだと感じました」とバンドへの熱い思いを投稿。「こういう場合、気安く『これからも応援してください』という言葉ではないですね、、」とファンの思いも配慮しつつ、「とにかく頑張ります!死に物狂いで無茶苦茶ふざけたい!そう感じた一日でした おやすみなさい」とつづった。

 この投稿に、ファンからも「これからも応援してます」「すごくいいバンドだなって改めて思ったよ。メンバーもファンもお疲れ様でした」「4人の絆感じました。そして同じく4人でバカやってるとこずっと見てたいと思いました」「これからも仲良しの4人でボンバーさんを素敵に魅せてください」など激励の声が相次いでいる。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年9月21日のニュース