桑野信義 退院後初のバラエティー出演に感慨 2月に大腸がん手術 やせた?の声には「元の姿に戻った」

[ 2021年9月21日 12:59 ]

桑野信義
Photo By スポニチ

 2月に大腸がんの手術を受けた「ラッツ&スター」の桑野信義(64)が21日、自身のブログを更新。退院後初のバラエティー番組「入院中見ていた番組」への出演に「とても嬉しかった」と感慨深げに記した。

 桑野は今年3月、昨年秋にステージ3~4でリンパへの転移を伴う大腸がんを宣告され、2月5日に14時間にもおよぶ手術を受け、がんと転移したリンパの切除に成功したと報告。その後も治療を続け、今年5月には「手術前よりひどい副作用に耐えられなくて主治医の先生や会社、家族を含め話し合い治療をやめることにしました」と報告。抗がん剤治療の代わりに免疫力を高めるため生活習慣の改善に取り組んでいるとした。

 現在は退院し、徐々に仕事も再開。この日、退院後初のバラエティー番組「クイズ脳ベルSHOW」(BSフジ、月~金曜後10・00)が20日にオンエアされたことを報告。「テレビスタジオの空気が懐かしくてね しかも入院中見ていた番組に出演できたから とても嬉しかった」とつづった。

 「皆んなに痩せたなあ!と言われるのだけれど 元の姿に戻ったんです(笑)」と桑野。「今までがずっと不健康に太ってたのであって 主治医の先生も認めるベスト体重なんだよ 節制してるのお陰で身体の各数値が平常に戻ってるんだもん」とし、「そして番組には今夜も出演します 果たして4人の結果はいかに!? 見るしかないでしょう」と番組もしっかりとアピールした。

 ファンからのコメントの感謝しつつ「癌サバイバー勝手に応援団長 5年後の寛解目指すガンバー桑野こと癌サバイバー桑野信義」と締めくくった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年9月21日のニュース