アニメ「鬼滅の刃」第三夜14・4% 第四夜14・7% 前週に続き2夜連続2桁

[ 2021年9月21日 09:52 ]

フジテレビ社屋
Photo By スポニチ

 爆発的人気を誇るアニメ「鬼滅の刃」が18日と19日の2夜連続でフジテレビ系列で全国放送され、第三夜「鼓屋敷編」(18日、土曜後7・00~8・54)の平均世帯視聴率は14・4%、第四夜「那田蜘蛛山編」(19日、日曜後7・00~9・54)は14・7%だったことが21日、分かった。個人視聴率は第三夜が10・3%、第四夜が10・9%だった(数字はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 原作単行本全23巻で累計発行部数が1億5000万部を突破した漫画「鬼滅の刃」(集英社ジャンプコミックスより刊行中)を原作としたテレビアニメ「鬼滅の刃」。2020年10月に「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が上映され、映画の国内興行収入は400億円を超えて歴代最高を記録するなど大ヒットした。

 同局では主人公・竈門炭治郎(かまど・たんじろう)たちの物語の始まりから鬼殺隊として挑んできた任務をまとめた「竈門炭治郎 立志編特別編集版」を放送。11日の第一夜「兄妹の絆」(土曜後7・00~9・14)の平均世帯視聴率は13・3%、翌12日の第二夜「浅草編」(日曜後7・00~9・15)は13・4%だった。

 今後は、23日に第五夜「柱合会議・蝶屋敷編」を午後7時から放送。なお、アニメ第2期「遊郭編」は、同局で今秋をめどにスタートし、日曜午後11時15分から30分間で放送されることが決まっている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年9月21日のニュース