野口健氏 エベレスト挑戦 2度目の失敗で猛烈バッシング「そもそも登れるやつじゃない…みたいな」

[ 2021年9月21日 13:23 ]

アルピニストの野口健氏
Photo By スポニチ

 アルピニストの野口健氏(47)が20日深夜放送のテレビ朝日系「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(月深夜0・15)に出演。エベレスト登頂に失敗した時に受けたバッシングについて語った。

 1995年25歳の時に3度目の挑戦でエベレスト登頂に見事成功し、当時の七大陸最高峰制覇の世界最年少記録を樹立した野口氏。しかし、2度目の挑戦が失敗に終わり、帰国した時には猛烈なバッシングを受けたという。

 当時について「2連続で失敗してますからね、相当言われるんですよ」と切り出し、「山の世界って狭いので上の方々からすると、『若造が無謀な冒険している』っていうように映るし、『あいつにはエベレストは登れないんじゃないか』とかね、『そもそも登れるやつじゃないんじゃないか』みたいな」と当時を回想。最後には「1回目より2回目の方がきつかったです」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年9月21日のニュース